中古パソコンを購入したら、必要な機能が全て起動するかどうかということを確認しなくてはいけません。もし、一つでも起動しない物があったらそれは不良品ですからすぐさま、購入した店舗で交換、返品をしてもらうことができるようにしないと泣き寝入りをする羽目になりますからね。

■インターネット接続の設定
中古パソコンを起動したら、まず一番にやるべきことがインターネット接続です。これは、色んな物を利用するのもそうなのですが、インターネットに接続することができるかをチェックする意味もあります。有線は当然ですが、無線LAN内蔵型のパソコンならば無線でも接続できるかどうかを必ずチェックしてください。

どちらかが動作不良を起こしている場合は、すぐに返品の手続きをするようにしましょう。

■LAN端子の状態チェックを忘れずに
そして、インターネット接続はLAN端子の状態を確認するのにも使えます。LAN端子が目に見ての劣化などがなくても、内部の劣化などでLANケーブルを正しく認識しなかったり、接続していても定期的に切断されてしまうなど、LAN端子に異常がないかどうかをチェックするため最低でも丸一日インターネットに接続しっぱなしにできるかは確認しておいたほうがいいですね。

■まとめ
中古パソコンを購入する際にインターネットの状態をチェックするのは必須項目です。昨今、パソコンは何をするにしても殆どの場合がインターネット接続が必要になりますからね。せっかく購入してもインターネットに接続できないパソコンであればそれは使い道の8割を失うといっても過言ではありません。

なので、必ずインターネットに接続するという一番最初の手順は忘れないようにしましょう。