パソコンを利用していると、消耗も気になってきます。また長年使っているとOSも古くなってきたりなど、新しいものを考える時期も出てくるはずです。

■中古パソコンを購入も考えることも
中古パソコンを購入もやはり、多くの人も考えるようになってきました。そのため、ネットオークションでも出るようになりましたし、さらに専門店などで販売されるようにもなりました。それだけ、中古パソコンの需要がでているのです。

■その一方でデメリットもある
需要が高まっている一方で、デメリットも目立ってきてもいます。目立つと言うのは認知が広まってきているということです。それを知った上で、購入しないと修理が必要になったり、使えなくなった終わりなんてことにもなります。そうならないためにも、デメリットについては知っておきましょう。

そのデメリットとしては、部品の消耗があります。外見は普通でも、中身まで大丈夫なのかはっきりしないこともあります。部品の消耗もハードディスクが消耗しているものから、液晶が劣化している、バッテリーの寿命がみじかくなってしまっているなど、いろいろな部品に消耗や劣化がでていることがあります。

使ってみたら半年くらいで故障してしまい、修理に購入金額よりもかかったなんて話もあるくらいです。あと、中身だけでなく、外見も傷がついていたり、キーボードがひびが入っていたりなどあったりします。やっぱり外見から、傷があるとスペックがよくても引いてしまいませんか。

■長く使えるかがやっぱり気になる
やはり、中古パソコンのメリットとして安く購入できる反面、長く使えるかというとそれが一番の不安とデメリットなのかもしれません。まずは、メリットやデメリットを知ることが中古パソコン購入する前に始めるまえにしたおくことなのです。